RCマンション外壁塗装なら

熊本県熊本市北区楡木2丁目6ー102
電話番号
電話番号

マンションの管理費用を

安くするための塗料選び

マンションを長期保有するなら高い塗料を選ぶ方がお得!?

マンションを長期保有するなら高い塗料を選ぶ方がお得

外壁塗装を検討する際にいくらかかるのか?は重要な判断基準の一つです。少しでも安い方がいいですからね。このように塗料を比較するとき安い塗料の方を選んでしまいがちですが、マンションを長期保有する場合には高い塗料を選ぶ方が、長い目で見ると安く済むケースがあります。外壁は太陽の光や風雨にさらされ続けるため、定期的に塗り替えが必要になります。マンションを維持するためのランニングコストとして計算すると、塗料を選ぶときは金額だけでなく耐用年数を意識する必要が出てきます。実際にどれくらいの違いが出てくるのか計算してみましょう。

耐用年数と塗装工事費用を計算してみる

耐用年数と塗装工事費用からマンション外壁塗装のランニングコストを計算する

仮に耐用年数が10年で100万円かかる塗装工事プランAと耐用年数が15年で120万円かかる塗装工事プランBの2つの工事プランがあるとします。工事金額の安さだけで選ぶとプランAになるんですが、今後30年間マンションのメンテナンスを続けていくと考えるとどうでしょう?プランAの場合は、耐用年数が10年なので30年間の間に塗装工事が3回必要になります。つまりプランAで30年メンテナンスすると100万円×3回=300万円のコストがかかります。

一方で、プランBは耐用年数が15年です。プランBで30年メンテナンスすると120万円×2回=240万円のコストで済みます。30年経ったときにプランBの方が60万円も安く済むのです。長期保有するマンションの場合は、多少高くても耐用年数の長い塗料をオススメします。

なぜ外壁と屋根の塗装をまとめて行うと安くなるのか?

なぜ外壁と屋根の塗装をまとめて行うと安くなるのか?

外壁塗装の仕事の依頼を頂く際に「今回は予算が限られているので外壁だけお願いします。屋根の塗装は2年後に依頼します。」といったお話をいただくことがあります。マンションの外壁塗装などの金額は大きくなりますので、積み立てなどを考えると工事を分割して行いたいというお気持ちもよくわかります。しかし、私たち塗装業者から見ますと、外壁塗装と屋根塗装を同時に行った方がお得なんです。

なぜなら、塗装工事費用の内訳を見てみると、足場代と人件費が占める割合が高いからです。外壁塗装と屋根塗装を期間を開けて行うと、2回足場を組むことになりますし人件費も多くかかってしまいます。また、屋根だけを塗装する際にも、塗装前に高圧洗浄機で汚れを落とすのですが、その汚れが外壁に流れてしまい外壁塗装の劣化を進めてしまいかねません。外壁塗装は建物まるごと一気に塗り替えてしまうのがベストです。

マンション外壁塗装について不明な点などございましたら、エクラスまでお気軽にご相談ください。